「美めぐり習慣」でイライラむずむずが治りました♪

むずむず・ジンジン・モゾゾモを徹底ケア!

首・胸・顔・頭・上半身・お腹・おでこ

むずむず専用サプリメント『美めぐり習慣』

▼公式サイトはこちら▼

むずむず症候群,おしり

むずむず症候群,おしり

https://sakura-forest.com/

おしりのむずむずで睡眠不足、それってむずむず症候群かも

あなたは夜、就寝中におしりに違和感を感じたことがございますか。

 

何かおしりの中がむずむずして痒いような何かが蠢いているような、言いようのない経験で睡眠を妨げられたことありませんか。
おそらくあなたはすぐに手でおしりを触り、痒みも腫れも無いことを確かめたことでしょう。

 

一体何なのでしょうか、お布団に何かいる? いいえそうではないようです。 
だっておしりの中で感じているんですよね。
その言いようのない違和感、もしかしたらむずむず症候群かもしれません。

 

むずむず症候群ってなあに?

むずむず症候群をご存知ですか、もしかしたら近年マスメディアでも取り上げられていますから御存知かもしれませんね。

 

一応ご説明させていただきますと、むずむず症候群とは主に就寝中に下半身、腰や足の各部、おしりなどに痒みや腫れ痛みなどの症状がでて、睡眠を妨げられてしまう症候群のことです。

 

それはなぜ起きるのでしょうか、原因はなんでしょうか?

むずむず症候群がなぜ起きるのか、その原因はまだ特定されていません。
ただ患者さんに共通する症状からわずかながら原因の一端は分かってきています。

 

それはどういったものかといいますと、ほとんどは睡眠中に痒みや痛み腫れなどを感じていることから、脳と神経が関係しているということが解りました。

 

脳と神経に何か起きている、調べてみるとどうやら、脳の中にあるドーパミンと言う物質が関係しているらしいのです。
そしてまた、体の鉄分の不足も要因のひとつだそうです。

 

それがどうしておしりの痒みや痛みとして感じるのでしょうか。

 

脳の中のドーパミンという物質は神経と神経をつなぎ、情報をやりとりする役目をはたしています。

 

むずむず症候群ではこの神経と神経の間の情報が正常にやりとり出来ない為に、実際には痒くも痛くもないのに脳がそう受け取ってしまうということなのです。

 

神経がおかしくなっているのでしょうか?

いいえ、神経がおかしくなっているというより、神経と神経を繋いで伝わってくる情報がおかしくなっているようです。

 

解りやすく言いますと、例えば伝言ゲームのようなものと考えてみてください。  

 

実際にやってみるとわかるのですが、大勢の人が居て、最初の人から最後の人へ伝言を伝えていくわけですが殆どの場合、正確には伝わりません。

 

例を言いますと、最初の人が「1」と伝えたとします。 最後の人に伝わるまでに「5」に変化しているといった具合です。

 

つまり、神経そのものが不具合を起こしているのではなく、正しくない情報が脳に伝わるために痒みや痛みがあると感じてしまうということです。

 

どうすればそれは治せるんですか?

前述しましたように脳の中のドーパミンがうまく働いていないためにこのむずむず症候群は起こります。 

 

ですのでドーパミンを働かせればいいわけです。
ドーパミンを働かせるために必要な物質を補いましょう。

 

なにを補えばいいのですか?

ドーパミンという物質を作るアミノ酸、鉄分、葉酸、ビタミンB6、ナイアシンなどを補えばいいのですがこれらをすべて取り入れるのは大変です。

 

食事で取り入れるには大変な量になることでしょう。

 

ではどうすればいいのですか?

食事ではなく、簡単に皮膚に塗るクリームでこれらの成分を体に取り入れられるとしたらどうでしょうか。 

 

クリームでマッサージしながらドーパミン生成の元となる成分を皮膚から取り入れて、むずむず症候群から解放されるとしたら素晴らしいと思いませんか。

 

それにおしりという場所ですし、自分で解決できるなら恥ずかしい思いをして病院で見てもらわなくともいいと思いませんか。

 

そんなことを叶えてくれる、スムージングマッサージクリームというものがあるのです。

 

病院にいこうと思っていたのでしたら、まずこちらから試されてはいかがでしょうか。

 

むずむず症候群はおしりにも!睡眠不足解消方法はこれ!